鍵紛失に即座に対応してくれる頼もしい存在|防犯性を高められる安心

ダイヤル式の鍵

鍵屋さんを頼る

カギ

鍵をどこかで紛失してしまったという場合には当然の事ながらそのまま入室することはできません。 昼間であれば管理人の人に連絡して開けてもらうなんて事もできるでしょうが、深夜だったりするとそういうわけにもいかないですよね。 そういった場合には鍵屋さんに開錠を依頼することになります。 私も一度お世話になったことがありますが、あっという間に開錠してもらいホットとしたのを覚えています。 さて、っこの開錠ですが、鍵にも色々な種類があって当然の事ながら開錠する際の難易度も違ってきます。 とある鍵屋さんのホームページを見てみたところ、簡単な造りのドアの開錠であれば2000円前後で出来るそうです。 一番高額になるのは業務用の金庫の開錠で5万円を超える場合もあるのだそうです。

賃貸物件において今まで住んでいた人が退去した場合には、たいてい行われることがあります。 それは鍵交換です。 これは防犯対策もかねて新しい人が入居する際には新しい鍵にしておいた方が安全であるという考えの元に行っています。 さて、ここで問題になるのはこの鍵交換の費用は部屋を借りていた側と貸す側どちらが負担するかということです。 もちろん鍵を破壊、故障させてしまった場合は借りた側が負担しなければならないでしょう。 一応不動産の決まりにのっとって言えば通常は貸す側が負担することになっています。 ですが実際には7割くらいの物件において交換費用は借りる側が負担するという風潮になっています。 交換の費用の相場は15000から20000円ほどですが、出来れば鍵交換費用がない物件を探し、初期費用を出来るだけ抑えたいものです。