鍵紛失に即座に対応してくれる頼もしい存在|防犯性を高められる安心

ダイヤル式の鍵

防犯性を上げるドア

防犯は玄関ドアだけでは足りません

南京錠

度重なる地震や家の老築化で玄関ドアが閉まりにくくなることがあります。今まではスムーズにしまっていたのに、ぎーぎーと音がしたり、最後に強く押さないと閉まらない場合はもはや寿命と言えます。 しかも玄関ドアは防犯上もとても重要になります。泥棒の侵入経路の半分は玄関ドアだからです。ついでに残りの半分の侵入経路も知っておきましょう。それは窓です。当たり前すぎると言えば当たり前で、昔の忍者のように床下から忍び込んだり屋根から忍び込んでということは普通はやりません。 防犯の面から考えれば以上2点をしっかりしたものにすることで、かなり高い防犯能力を備えた家になるでしょう。では、玄関のドアはどんなドアにする必要があるのでしょうか。

玄関のドアの価格やトレンドを知っておきましょう

玄関のドアにはどのようなドアがあるのでしょうか。ドアを取りかえるのであれば、おそらくその玄関ドアも20年以上は経過しているはずです。20年も経過すると、デザインもさることながら、玄関ドアの鍵が大きく変更されます。 20年前だと、普通の鍵が2つ付いていたり、複雑な形をした鍵だったはずです。 ところが最近は、最近の車と同じような鍵やカードで開けられる鍵、さらに指紋認証で開く鍵などがあるのです。 最近の車の鍵とはスマートキーというものですが、鍵を体のどこかに身に付けていれば、その車のドアの黒いボタンに触っただけで開閉ができるやつです。このスマートキーが玄関のドアでも使えるのです。カードキーはカードを縦にスッと通すことで鍵が開きます。指紋認証はATMなどにあるものと同じで黒いところに指をかざすと開く仕組みです。